toggle
2019-05-15

2泊3日金沢旅記録②

長らく間が空いてしまいました・・・気づけば元号が変わり令和元年!

さて前回の金沢旅の続きです(笑)

21世紀美術館に行ったのち、続いて向かったのは、すぐ近くの鈴木大拙館!

鈴木大拙は、日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者。

建物自体そこまで広くはないですが、観光客も多くなく、とにかく静かな空間で、無になれる場所。

今の私にぴったりの場所でした(笑)

メインの裏側にもちょっとした通路があり、ここもまたいい雰囲気。

鈴木大拙館を離れ、少し散歩していると、綺麗な椿がちらほら咲いていました。

その後はひがし茶屋街で人気の「fluffy」というパンケーキ屋さんで休憩。

THE・女子旅(笑)

金沢は川が多く、かかっている橋もレトロで可愛いなと思いました。

3日目は、近江町市場で朝寿司!

のどぐろもやっと食べられたし、何よりホタルイカがとっても美味しかった!

前日に雪が降り、もしや・・・と思って3度目の兼六園へ!

そしたら見事に積もっていました。

これが見たかったのです。。。

その後は、にし茶屋街へ。

ひがしよりも落ち着いていて、個人的にこちらの方が好き。

お昼にしようとブラブラして、茶屋街の少し離れたところにある「薬屋カフェ」を発見。

お腹の調子があまり良くなかったので、なんとなく体に良さそうだなと思ってお店に入りました。

そしたらなんともアンティーク漂う内装で、雰囲気がすごくツボでした。

このベーグルも、体に優しい素材を使っていて、中に入ってた梅のソースがすごく美味しかったです。

小さいギャラリーが併設したカフェなのですが、机に、紙とペンが置いてあって、自由に創作できるらしいです。遊び心満載!

オーナーさんの趣味の本が自由に読めるのですが、その中に、廃墟の写真集があり、めちゃくちゃテンションが上がりました。感性が最高でした。

なんやかんやで帰りの新幹線までの間ずっと居座ってしまいました。

旅の締めくくりに素敵なカフェに巡り合えて幸せでした。

念願の金沢旅は一人旅となったわけですが、また誰かともう一度来たいと思いました。

人生節目の年に、素敵な思い出ができました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です