toggle
2019-10-11

2人展を終えて。①

9/26〜30の5日間、Color Melt〜sizle&ramuneid.2人展〜を無事に終えることができました。

お越し下さった皆様、本当にありがとうございます。

2人展を終えてから1週間以上経ちましたが、考えること、感じることがたくさんあり、ようやく落ち着いてきた感じです。

そもそもなぜこのギャラリーを選んだかというと、3年ほど前に一度このパンセギャラリーで、グラフィックデザインなどのアート作品を作っている友人の誘いで、グループ展ということで参加させていただいたのがきっかけ。

その時は1日だけで、主催というより参加させていただいた感覚が強かったので、2人展といえどここまで一から自分たちで作り上げるのは初めてな状態でした。

あの時から、ここのギャラリーでいつかまた展示をしたい。そう考えていて、相方の山口らむねさんの協力もあり、ついに実現することができました。

では2人展での展示の様子をお見せします。

2人展の会期中はほぼ快晴で、蒸し暑いくらいでした。

ギャラリー内はこんな感じです。

2液レジンを使用してスイーツモチーフなどのパーツを作り、アートパネルや立体造形などを制作されている山口らむねさんの作品もちらっとお見せします!

この作品はとてもインパクトがありました。力作!

meltシリーズ
リングコーナー

2人展ではリングが好評で、新作のピンキーリングもいくつかお嫁に行きました!

粘菌シリーズ

粘菌モチーフのシリーズもじっくりご覧いただけてとても嬉しかったです。

2人展には、地元の方がふらっと立ち寄ってくださったり、何かしらの作家さんである方も多かったので、情報を教えていただけたりと、多くの繋がりができとても充実しました。

この二つの展示は「溶ける」という大きな共通のコンセプトがあり、それぞれの作品のモチーフもそうですし、それぞれの個性がお互いに溶け合い、融合するというようなイメージでした。

シルバーとレジンという全く別の素材ではあるけれど、それぞれの良さを理解してくださる方もたくさんいらっしゃって、この違いを楽しんでいただけたかな、と思いました。

つづきはまた後程。

関連記事