toggle
2019-10-15

2人展を終えて。②

①で2人展の様子をお見せしたところで、今思うことを書き留めておこうと思います。

2人展が終わって半月。ようやく身も心も休まってきた。

今年は5月のデザフェスから始まり、名古屋クリマ、博ふぇす、2人展と、今までになくイベントを盛り込んで、その内デザフェス以外は全て初めてのイベントだったので気持ちの部分でも不安定だったし、かなり挑戦した年になったかなと思う。自分の今までの限界を越えたいとも思ってたところもある。ようやく区切りがついて、達成感でいっぱい。

その反面、作家活動に少し行き詰まってたところもあった。だからどうにか打破したくて、挑戦しようと思った。

クリマも博ふぇすも、デザフェスとは違うお客さんの雰囲気だったり反応を得られて、素敵な出会いもあり、新たな発見ややりがいを見いだせた。大変だったけど、結果やってよかったし、また出展したいとも思う。名古屋で、出展してくださってありがとうございます、という言葉を頂いた時は泣きそうになった。

イベント出展の世界が広がった。

そしてギャラリー展示は、また販売イベントとはガラリと変わり、今までの価値観もガラリと変わって予想以上の収穫があった。

お金と時間をかけてでも、作品を発表し、見てもらうことの重要性、必要性を強く実感。これはやってみないと本当にわからなかった。

ギャラリー展示は、初対面の方との密な繋がりもでき、繋がりある方とはさらに仲を深められる機会を得られることにも気づいた。

そして、評価していただけていることを純粋に受け入れることも大切だとも思った。お褒めの言葉はやっぱり嬉しいしすごく励みになるし、指摘や意見はしっかり受け止めて今後に活かしたい。お客様の反応は全部吸収したい。

あと展示会に来れなかった方々でも、SNS等でコメントをくださったり、反応をくれたりと、見守ってくれている方がたくさんいることも今回改めて実感した。

応援してくださる方々に、感謝の気持ちでいっぱいで、これからもっともっと恩返ししたい。

私はなぜものづくりをして作家活動を続けているのか。

自分が作品を作り販売することは、ただ自己満に過ぎないんじゃないかと思ったこともあった。自分を表現するのが苦手だから、作品に込めて、それを認めてもらいたかった。最初はそういう想いから始まった。

そこから少しずつ変わってきたかもしれない。

こころの根底にあるのは、人の役に立ちたいという想い。

自分がこの活動をしていく上で、周りの人にどう貢献していくか。恩返ししていくか。

これはまだ模索中だけど、

それは、私が作りたいものを”楽しみながら”作り、世に出していくことなんじゃないかと思った。

そしてゆくゆくは、このシルバーアクセサリーを作る楽しさも伝えたい。

そのためにはもっと技術を磨かないとだし、やるべきことはたくさんある。

あと自分のペースで、一つ一つやっていく。これもとても大切。

作家活動はメンタル面がかなり影響してくるので、やはり楽しんでやれることが重要だなと思う。

一時期は様々な葛藤に押しつぶされて作品が作れない時期もあった。

でもそれは少し越えられたかなと思った。

ひとまずこれで今年のイベント出展はひと段落。年末にかけてはじっくり自分と向き合い、準備段階にしようと思います。

あとひとつ。

先日の台風19号の被害、自宅は幸い無事でしたが、身近な地域で被害が大きいところあり、ニュースに出ていたりして人ごとではないと、とても心が痛みました。

自分の無力さに落ち込んだけれど、自分がやるべきことを全うするしかないと思いました。

被災された方々に、一刻も早く日常が戻りますように。

そして年明けすぐに開催の「ハンドメイドインジャパンフェス2020冬」1/11(土)〜12(日)に出展が決定しました!※1/12のみ

しっかり鋭気を蓄え、新作も披露できたらと思います。

ぜひ遊びにきてください。そこでまたお会いしましょう(^^)

タグ:
関連記事